日々感じることをスケッチ風に綴ってみます。独断と偏見が強いかも。


by pointe77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

恐ろしい猫

朝方、庭で何やら物音がしていた。
にゃぁ・・・というなき声がして
猫が暴れているのだなと思った。
それにしてもしつこいぞ!何ごとやと
起き上がって窓越しに見ると
猫が門扉の下から出ていった。
ホッとしたような感情が生まれて、門扉を開けて
猫を確認しようとすると・・・・
なんと!!猫は!!出ていったと思っていたのに
私のほうを向いて、物凄い形相をして威嚇してきたではないか?
今にも飛びかかりそうな体制で。
仰天して、慌てて勢いをつけて大きな音をさせて門扉を閉じてやった。
猫様、ひるむどころか門扉の下をくぐり抜けて
住居をつくっているのか、縁の下に潜り込んだ。
私の棲んでいる家は古いから、最近の家のように
コンクリートの土台がなく地面に直接建っている家で
どうも縁の下はイケイケになっているようである。

私からは見えない縁の下の位置で
猫はフーウフーウと相変わらず威嚇してくる。
ついでだから、新聞受けから新聞を取り出したいのだけれど
私のほうがヒビリまくって新聞を取りだせない。
恐る恐る新聞受けに近付いてガバッと新聞をとりだして
急いで家のなかに入った。

なんのことはない
私の家に猫の奴 居座って
私が脅されているのだ。

猫が命がけで人間を威嚇するのだ。
恐らく子猫がいるに違いない。
私ンチの縁の下、猫だらけになったらどうしよう・・・
[PR]
by pointe77 | 2004-07-11 10:59

バウエル米国務長官

湾岸戦争の時
軍参謀統括部長だった頃から熱列ファンだったのだが
まさか穏健派のリーダーとして国務長官に復帰するとは
想像も出来なかった。
大統領候補に指名されそうになってはいたけれど
固辞してた。

そのバウエルさんが
どこかの国に招かれて余興として
工事服を着て、歌を歌い踊ったのだ。
さすが黒人と言っていいのかどうか
ダンスもワンダフル!!
ロックだったのかジャズだったのかいい声してた。

お洒落なんだなぁ。素敵・素敵。
さすがアメリカ人。

パフォーマンス大好きなどこかの首相とは
センスが違う。

スパゲッティ、ソフィヤ・ローレンなどと
知ってるイタリアの言葉を並べてた下品さ
丸出しの我が国の首相なんか参院選では吹っ飛んでほしい。
[PR]
by pointe77 | 2004-07-04 18:55
Macには対応してないようで、
登録したけれど使えなかったけれども再度挑戦してみたら
ちょっとした使える技があるようで試してみたらOKだった。
心の点描のサーバーが7/15をもってサービス中止になるので
このブログに移ることにした。
Part2として。
[PR]
by pointe77 | 2004-07-04 18:01