日々感じることをスケッチ風に綴ってみます。独断と偏見が強いかも。


by pointe77
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 10 )


映画公開の日(2006.5.20)に、たまたま小説を購入した。
「ダヴィンチ・コード」についてマスコミも、ネットも、
頻繁にとりあげていたから、おまけにダヴィンチも好きだし
イッチョ読んでみるかとの思いがあった。
ベストセラーになっている本は、最近碌なものがないから
敬遠していたのだ。
芥川賞・直木賞など、いまやレベルが落ちて
読むに耐えないものばかりだ。
そんな風潮の中で、「ダヴィンチ・コード」は
スリルに満ちていて、謎ときに、先に先に進みたく、
途中で止められなくなって
一気呵成に読んでしまう羽目になってしまった。
キリスト教に対して、殆ど無邪気な知識しかないから
唖然としつつも、聖なる書、つまり聖書なんてタイトル自体
いかがわしさに満ちているよなと納得しつつ読み進んだ。
今は昔。大学に通っていた、ガキの時代
ジイドの「狭き門」などを読んで、よく解らないと
4つ年上の同級生にぼやいていたら、
キリスト教が日本人には、
解らないから理解できないんだよ、と
言われたのを鮮明に記憶している。
そのことを憶いだしながら読んでいた。
もっともだと、妙に納得した覚えもある。
でも、今や、それほど左様な無邪気さは
持ち合わせていない。
私の時代の大学生は
ジイドどころか、ドフトエフスキー、トルストイ
ダンテなどの文豪の小説をものにしていた。
今時の大学生とは大違いだ。
今時の大学生の中には、日本語が理解できないのがいて
小説なんか読まないようだ。
それにしても、「ダヴインチ・コード」は
900万部売れたという。
ある程度の知識がないと、
この本は理解できない、というより面白くない筈だ。
マンガとケームだけの知識では、読めないだろう。
私の場合は、秘密結社といえば
フリーメイソンということは、識っていた。
フリーメイソンについては調べたりしたこともあった。
そういうことを識っているだけで、理解が違ってくる。
シオン修道会は識らなかったが、ジャン・コクトーが
総長だったなんて、驚愕してしまった。
小説だから、フィクションなのだが
識らない人間は、信じてしまいそうになるだろう。
「最後の晩餐」に描かれているヨハネが女性であると
明かされると、どうしても女性に見えてしまう。
そういう噂というか、説は、広く流布されていたのだろう。
参考文献は片っ端から読んでみたい誘惑にかられてしまう。
「ダヴィンチ・コード」を読んで、
映画を見たいとは全然思わなかった。
見る必要性すら感じなかった。
案の定、宣伝に釣られて、
見に行った人は全然解らなかったと言っているらしい。
若い人だ。知識がない人間に解る訳がない。
もっと言えば、教養のない人間には解らないと言ってもいい。
ならば、小説の方を読めとも言いにくい。
小説と映画とは別物としても、
「ダヴィンチ・コード」の謎ときの映像化は困難だろうと思う。
しかし、宗教建築物が数多く出てくるので、
その映像を見るだけでも、映画を楽しめるかも知れないとは思う。
これは、小説を読んで感じることではあるが。
[PR]
by pointe77 | 2006-05-28 15:18
真島茂樹さんが大ブレークしてるそうな。
私も、大好き。マツケンより好きだわ。
ダンスが好きで好きでたまらんってな風情がいいなぁ。
ミュ−ジカルスターの市村正親(まさちか)さんと、近い年齢かな?
市村さんの方は、篠原涼子と結婚するとか、しないとか?
彼もダンスが好きってのがよくわかる。
野島さんの方が、メチャ明朗。
出発点が日劇ダンシングチームなんだなぁ。
バレエでは、お金にならなかった時代なんだろな。

今でも、毎日毎日、バレエの過酷な基礎レッスンを続けてる。
でなきゃあ、あの身体の軟らかさ、しなやかさを維持できない。
好きでたまらないから、できてるんや。
私も、乗馬よりバレエの方が好きだけど、
何せ、カントリーに住まいをしてるから
バレエのレッスンに通うのが不便で、
代わりに、何かスポ−ツないかなと、
たまたま、乗馬が、時間を選ばず自由にいけるし
1日何回でもレッスン出来るという利便性で
今のところ、乗馬をしている。
本当は、乗馬と同じくらい、バレエをしたい。
っても、同じだけすると、バレエのレッスンの方がきつい。
真島茂樹、素敵だな。
CDだしたみたいだけれど、私はダンスを見たい。
a0033571_20154386.jpg

[PR]
by pointe77 | 2005-06-05 20:14
メディア・リンクスの架空取引にライブドアも関係しているのは
明白になったようである。
ライブドアの堀江社長が野球参入で注目された時、
三島由紀夫の小説「青の時代」の主人公を連想した。
東大生で金貸業をして、一躍金持ちになったはいいが、
非合法を糾弾されて、
最終的には主人公は自殺してしまったと記憶している。

今回のメディア・リンクス社の架空取引には
一流企業のIT関連子会社がおおく関係しているようである。
ひとり、ライブドアだけの話ではないにせよ
ライブドアのダメージは小さくないだろうな。

私もライブドアのブログを使わせてもらってるけれど
引っ越しするかいなと考えている。
[PR]
by pointe77 | 2004-11-17 20:17

blogのことについて

blogはlivedoorとexciteの2個使用させてもらってるけれど
livedoorはよく障害を起こすし、
exciteは使い勝手が悪い。
デザインのセンスが良くて
使いかってのよいblogないかなぁ。
[PR]
by pointe77 | 2004-08-30 19:16
オリンピックというのはスポーツの祭典だから
投げ飛ばしたり、蹴っ飛ばしたり
いわば死闘にも近い闘いが繰り広げられている中、
優雅このうえないスポ−ツとは
表現しかねる種目があった。

新体操のエキシビション!
バレエのコンテンポラリーと言っても間違いではないような
まさにバレエが演じられていた。

彼女達の美しい肢体をもってするなら
バレエを踊らせたいと思ってしまうのではないだろうか?

エキシビションだから一層自由な発想で
構成できるし、演じる側も楽しんで
踊っていたかのようにみえた。

素晴らしい。素晴らしい。
[PR]
by pointe77 | 2004-08-26 00:10
あのナベツネのオ−ナ−辞任は
異常に唐突で、辞任理由も釈然としない。
多くの人が、隠された理由があるに違いないと
感じていると思う。1リ−グ制移行へのリーダーが
いなくなって、1リ−グ制が無くなってしまうと考えるのは
早計かもしれない。
プロ野球に陰で権力を維持することも不可能ではないだろうから。

それにしても、何かヤバいことがあって
それが明るみになると困るので
さっさと辞任したと見えてしまう。
メディアはこの点を追求してくれないんだろうか。
[PR]
by pointe77 | 2004-08-15 08:45
ソプラニスターとは男性で女性のソブラノの声が出るのを言う。
世界で3人しかいないそうです。
初めて声だけ聞いた時はてっきり女性だと思った、
高知県出身で高知をひっくり返した知高(ともたか)さん。
最近は衣装も身体のでかさをさらに強調したような
強烈に印象的なものになっている。
個性的で素敵です。
歌っている時の嬉しそうな、楽しそうな顔付きが
本当に歌うのが楽しくて仕方ないという感じが伝わってくるのも素敵。
日本競馬会のビッグイベント
例のキングカメハメハが優勝した時
オープニングで君が代を歌っていた。
サッカーの世界選手権の際
小柳ユキがバタ臭い君が代を歌ったけれど
私は吐気を禁じ得なかった。それに較べて
岡本知高の君が代はよかったわぁ。
[PR]
by pointe77 | 2004-08-02 21:14

恐ろしい猫

朝方、庭で何やら物音がしていた。
にゃぁ・・・というなき声がして
猫が暴れているのだなと思った。
それにしてもしつこいぞ!何ごとやと
起き上がって窓越しに見ると
猫が門扉の下から出ていった。
ホッとしたような感情が生まれて、門扉を開けて
猫を確認しようとすると・・・・
なんと!!猫は!!出ていったと思っていたのに
私のほうを向いて、物凄い形相をして威嚇してきたではないか?
今にも飛びかかりそうな体制で。
仰天して、慌てて勢いをつけて大きな音をさせて門扉を閉じてやった。
猫様、ひるむどころか門扉の下をくぐり抜けて
住居をつくっているのか、縁の下に潜り込んだ。
私の棲んでいる家は古いから、最近の家のように
コンクリートの土台がなく地面に直接建っている家で
どうも縁の下はイケイケになっているようである。

私からは見えない縁の下の位置で
猫はフーウフーウと相変わらず威嚇してくる。
ついでだから、新聞受けから新聞を取り出したいのだけれど
私のほうがヒビリまくって新聞を取りだせない。
恐る恐る新聞受けに近付いてガバッと新聞をとりだして
急いで家のなかに入った。

なんのことはない
私の家に猫の奴 居座って
私が脅されているのだ。

猫が命がけで人間を威嚇するのだ。
恐らく子猫がいるに違いない。
私ンチの縁の下、猫だらけになったらどうしよう・・・
[PR]
by pointe77 | 2004-07-11 10:59

バウエル米国務長官

湾岸戦争の時
軍参謀統括部長だった頃から熱列ファンだったのだが
まさか穏健派のリーダーとして国務長官に復帰するとは
想像も出来なかった。
大統領候補に指名されそうになってはいたけれど
固辞してた。

そのバウエルさんが
どこかの国に招かれて余興として
工事服を着て、歌を歌い踊ったのだ。
さすが黒人と言っていいのかどうか
ダンスもワンダフル!!
ロックだったのかジャズだったのかいい声してた。

お洒落なんだなぁ。素敵・素敵。
さすがアメリカ人。

パフォーマンス大好きなどこかの首相とは
センスが違う。

スパゲッティ、ソフィヤ・ローレンなどと
知ってるイタリアの言葉を並べてた下品さ
丸出しの我が国の首相なんか参院選では吹っ飛んでほしい。
[PR]
by pointe77 | 2004-07-04 18:55
Macには対応してないようで、
登録したけれど使えなかったけれども再度挑戦してみたら
ちょっとした使える技があるようで試してみたらOKだった。
心の点描のサーバーが7/15をもってサービス中止になるので
このブログに移ることにした。
Part2として。
[PR]
by pointe77 | 2004-07-04 18:01