日々感じることをスケッチ風に綴ってみます。独断と偏見が強いかも。


by pointe77
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
先般の国会での党首対決で、小沢民主党代表に
福田総理は、本来なら、小沢さんの質問を受ける立場が
逆転して、福田総理が小沢さんに質問攻めにしていた。
そして、言うことに事欠いたか?
民主党は権力の乱用だと。
これまで、数を背景に権力の乱用を散々してきたのが
自民党そのもの。
権力の乱用を言った福田総理がしたリ顔で、してやったりとご満悦だったとか。
本当に馬ッ鹿じゃなかろか?
[PR]
# by pointe77 | 2008-04-11 14:05 | 政治家
題名のない音楽会の歴代司会者
* 初代:黛敏郎−1964.8.1〜1997.4.27(※1997.4.10に逝去)
*2代:永六輔−1997.5.4〜1997.9.28
*3代:武田鉄矢−1997.10.5〜2000.3.26
*4代:羽田健太郎−2000.4.2〜(※2007.6.2に逝去)

初代の黛敏郎の時代にはよく見ていたが、
2代・3代は、見た記憶がない。
4代目の羽田健太郎からは、ずっと見てきた。

本人のピアノ演奏もあったり、企画が多彩で、
毎週楽しみに見ていた。
突然の訃報で、羽田健太郎は番組から消えてしまった。
5代目の司会者が決まらず、いまのところ、楽しくないのだ。
早く、決まってほしいと思うけれども、
人選が難航しているのだろうな。
[PR]
# by pointe77 | 2007-07-29 17:00 | 音楽

映画公開の日(2006.5.20)に、たまたま小説を購入した。
「ダヴィンチ・コード」についてマスコミも、ネットも、
頻繁にとりあげていたから、おまけにダヴィンチも好きだし
イッチョ読んでみるかとの思いがあった。
ベストセラーになっている本は、最近碌なものがないから
敬遠していたのだ。
芥川賞・直木賞など、いまやレベルが落ちて
読むに耐えないものばかりだ。
そんな風潮の中で、「ダヴィンチ・コード」は
スリルに満ちていて、謎ときに、先に先に進みたく、
途中で止められなくなって
一気呵成に読んでしまう羽目になってしまった。
キリスト教に対して、殆ど無邪気な知識しかないから
唖然としつつも、聖なる書、つまり聖書なんてタイトル自体
いかがわしさに満ちているよなと納得しつつ読み進んだ。
今は昔。大学に通っていた、ガキの時代
ジイドの「狭き門」などを読んで、よく解らないと
4つ年上の同級生にぼやいていたら、
キリスト教が日本人には、
解らないから理解できないんだよ、と
言われたのを鮮明に記憶している。
そのことを憶いだしながら読んでいた。
もっともだと、妙に納得した覚えもある。
でも、今や、それほど左様な無邪気さは
持ち合わせていない。
私の時代の大学生は
ジイドどころか、ドフトエフスキー、トルストイ
ダンテなどの文豪の小説をものにしていた。
今時の大学生とは大違いだ。
今時の大学生の中には、日本語が理解できないのがいて
小説なんか読まないようだ。
それにしても、「ダヴインチ・コード」は
900万部売れたという。
ある程度の知識がないと、
この本は理解できない、というより面白くない筈だ。
マンガとケームだけの知識では、読めないだろう。
私の場合は、秘密結社といえば
フリーメイソンということは、識っていた。
フリーメイソンについては調べたりしたこともあった。
そういうことを識っているだけで、理解が違ってくる。
シオン修道会は識らなかったが、ジャン・コクトーが
総長だったなんて、驚愕してしまった。
小説だから、フィクションなのだが
識らない人間は、信じてしまいそうになるだろう。
「最後の晩餐」に描かれているヨハネが女性であると
明かされると、どうしても女性に見えてしまう。
そういう噂というか、説は、広く流布されていたのだろう。
参考文献は片っ端から読んでみたい誘惑にかられてしまう。
「ダヴィンチ・コード」を読んで、
映画を見たいとは全然思わなかった。
見る必要性すら感じなかった。
案の定、宣伝に釣られて、
見に行った人は全然解らなかったと言っているらしい。
若い人だ。知識がない人間に解る訳がない。
もっと言えば、教養のない人間には解らないと言ってもいい。
ならば、小説の方を読めとも言いにくい。
小説と映画とは別物としても、
「ダヴィンチ・コード」の謎ときの映像化は困難だろうと思う。
しかし、宗教建築物が数多く出てくるので、
その映像を見るだけでも、映画を楽しめるかも知れないとは思う。
これは、小説を読んで感じることではあるが。
[PR]
# by pointe77 | 2006-05-28 15:18

私の新年はウィーンフィル・ニューイヤーコンサートを
聴かないことには、はじまらない。
そんな私に影響された同居人は
ウィーン楽友協会大ホールで、生を観る・聴く♪と、
宣言して、幾年月・・・・
毎年、年末になると、嘆いている。
世界50ヶ国に衛星生中継されているのを
有難く、TV桟敷きで堪能させてもらうのだ。
会場に飾り付けられたお花は
今年はカラフルで、ひときわ盛大に豪奢な
華やぎを放っていた。
今年の指揮者はマリス・ヤンソンス。
ワルツを踊っているような指揮ぶり。
バレエの振付は、ハンブルグバレエ団の
ジョン・ノイマイヤー。
私の注目しているのは
演奏もさることながら、いつも挿入される
バレエ。
舞台で踊られるのではなく、常にどこかの宮殿で
踊られる。
舞踏会をドラマ仕立てに演出しているのだ。
今回の、最初のバレエシーンは
トップハットの男性2人と黒い帽子をかぶった女性とトリオでモダンバレエを踊った。珍しい。
次ぎのバレエシーンはワルツ。どこまでも華麗。
宮殿の中を広々と踊る演出が、いつも圧巻。
今年はモーツアルトイヤーで
フィガロの結婚・序曲を演奏した。
私は、モーツアルトが最も好きだから
食べ切れないほどのショートケーキを
いただいたような気分。
モーツアルト党や芸術家のカドリーユといった
モーツアルトの曲がちりばめられた曲の演奏もあった。
大ホールは、曲が進むにつれて
スタンディングオベイションが続く。
演奏の合間に、指揮者が幕間に引っ込むが、
その間も、拍手が鳴り止まなくなってきた。
電話がなったり、ビストルの引き金を引いたり
カッコウが啼いたりなどの楽しい演出があったりで、
大ホールが最高潮に盛り上がって
ラディスキー行進曲で幕を綴じた。
1年の始めに、陶酔の境地に浸り、
幸せに満ちた感覚に誘ってもらえる
ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート。
とっておきの、アイスワインで乾杯。

a0033571_1322857.gif
[PR]
# by pointe77 | 2006-01-02 13:32 | ニューイヤーコンサート

紀宮様のご婚礼披露宴のお祝いのお言葉を
石原慎太郎都知事が述べられた。
何ものにも臆することを知らないと思える
あの慎太郎が、さすが、天皇皇后両陛下を御御前にして
とてもぎこちない言葉を発していた。
言葉(文章)の達人にして、何を喋るべきかなど
誰にも相談出来る筈もなく
何とも、締まらない祝辞であったことか。
紀宮様の婿殿の上司は
所属部長に列席をお願いすることもかなわず、
都知事が最もふさわしいと思うものの
時代とはいえ、両陛下が御列席するということで
婿殿の都庁だけでなく、
舞台裏は、大騒動だっただろうことは
想像出来る。
婚約発表から、御婚礼までの2年間は
多くの人が様々の準備で心を砕いてきたことだろう。
それもすべて報われるほどの
愛らしい日本のプリンセスの御婚礼でした。



[PR]
# by pointe77 | 2005-11-16 18:00 | 政治家
真島茂樹さんが大ブレークしてるそうな。
私も、大好き。マツケンより好きだわ。
ダンスが好きで好きでたまらんってな風情がいいなぁ。
ミュ−ジカルスターの市村正親(まさちか)さんと、近い年齢かな?
市村さんの方は、篠原涼子と結婚するとか、しないとか?
彼もダンスが好きってのがよくわかる。
野島さんの方が、メチャ明朗。
出発点が日劇ダンシングチームなんだなぁ。
バレエでは、お金にならなかった時代なんだろな。

今でも、毎日毎日、バレエの過酷な基礎レッスンを続けてる。
でなきゃあ、あの身体の軟らかさ、しなやかさを維持できない。
好きでたまらないから、できてるんや。
私も、乗馬よりバレエの方が好きだけど、
何せ、カントリーに住まいをしてるから
バレエのレッスンに通うのが不便で、
代わりに、何かスポ−ツないかなと、
たまたま、乗馬が、時間を選ばず自由にいけるし
1日何回でもレッスン出来るという利便性で
今のところ、乗馬をしている。
本当は、乗馬と同じくらい、バレエをしたい。
っても、同じだけすると、バレエのレッスンの方がきつい。
真島茂樹、素敵だな。
CDだしたみたいだけれど、私はダンスを見たい。
a0033571_20154386.jpg

[PR]
# by pointe77 | 2005-06-05 20:14
<a href="http://www.nikaidou.com/column01.html#top" target="_blank"></a>
を読んで村上世彰という人がどんな人か調べた。
あちらこちらで書かれていることも読んでみた。
ホリエモンのメッセージ通りに経営に参画したいのか(なさそう)
単なる、お金儲けなのか
それとも、本当に陰で蠢いている人達がいるのか
政治家が絡んでいるのか、暴力団が糸を引いているのか
魑魅魍魎の世界だなぁ。
どういう結果になるのか、興味をそそられる。
フジ・サンケイグループもいかがわしいんだなぁ。
[PR]
# by pointe77 | 2005-02-11 18:40 | 堀江貴文
メディア・リンクスの架空取引にライブドアも関係しているのは
明白になったようである。
ライブドアの堀江社長が野球参入で注目された時、
三島由紀夫の小説「青の時代」の主人公を連想した。
東大生で金貸業をして、一躍金持ちになったはいいが、
非合法を糾弾されて、
最終的には主人公は自殺してしまったと記憶している。

今回のメディア・リンクス社の架空取引には
一流企業のIT関連子会社がおおく関係しているようである。
ひとり、ライブドアだけの話ではないにせよ
ライブドアのダメージは小さくないだろうな。

私もライブドアのブログを使わせてもらってるけれど
引っ越しするかいなと考えている。
[PR]
# by pointe77 | 2004-11-17 20:17

毎日新聞のコラムから

毎日新聞の2面に「発信箱」というコラムに
記者が日替わりで、色んなテ−マで書いている。
なかでも、私は、青野由利さんという人が書く文章が
大層お気に入りなのです。
平成16年9月8日のものを一部(大半です)引用させてもらいます。

「政治家の生命科学観」→タイトルです。

 小泉純一郎首相を議長とする総合科学技術会議は7月、
生命倫理専門調査会からヒト胚研究の報告を受けた。
専門医院が年かけて議論したあげく、ヒトクロ−ン胚研究
などをめぐって紛糾した問題の報告書だ。 
 どんな反応だったか議事録を見ると、小泉さんは「ヒト
胚については素人で、難しい」。将来の医療に重要な分野
として協力を求めているだけだ。他の大尽らからも踏み込
んだ意見は出ていない。
 同じテーマが米穀では大統領選の争点になっている。7月
の民主党大会ではアルツハイマ−病だった故レ−ガン大統領
の息子が登場。再生医療に向け。ヒト胚から作る胚性幹細胞
(ES細胞)の研究推進を訴えた。
 一方の共和党はES細胞研究の制限を政策綱領に盛り込んだ。
ブッシュ大統領もテレビ番組で治療目的のヒトクロ−ン杯作
成反対を明言。父をアルツハイマ−で亡くしたロ−ラ−夫人
も「研究は予備段階」と過剰な期待にくぎを刺す。
 日本とは宗教的な背景が異なり。単純な比較は出来ない。
だが、生命科学は日本の科学技術政策の柱であり「難しい」
では心細い。白書では科学の基礎知識の国際比較ら使った質
問にも議員の関心が集まった。日本は13位だが。議員同志で
比較するとどうか、気になった。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっばりアメリカはイラクに
振り回されているだけの、国ではないのだ。

私は、早く小泉政権は潰れてほしいと願っている。
科学技術に対する意識だけでなく、
日本の政治家は、本来の政治家であるという意識すら欠落している。
選挙=政治家に終始しているかのように見えてしまう。
小泉総理は郵政民営化を実現させることに
全力を尽すつもりでいるようだ。
何とかして、止めさせてほしいと神様にでも祈りたい気持だ。
[PR]
# by pointe77 | 2004-09-11 01:03 | 政治家

blogのことについて

blogはlivedoorとexciteの2個使用させてもらってるけれど
livedoorはよく障害を起こすし、
exciteは使い勝手が悪い。
デザインのセンスが良くて
使いかってのよいblogないかなぁ。
[PR]
# by pointe77 | 2004-08-30 19:16